成長には法則があった!人と組織の成長を加速し、ビジネスの中核となる人材を育てる秘密とは?

この続きをご覧になりたい方は、
下記入力フォームに氏名とアドレスをご入力ください。 自動配信メールで、動画視聴のできるサイトURLをお送りします。

お名前
(姓)

(例)山田
お名前
(名)

(例)太郎
Eメール

私が組織で働いた10年間、たった一つだけ自慢できるものがあります。
それは、「誰よりも多くの失敗を体験した」こと。

例えば、あるベンチャー企業に入社してすぐ、50名の部下を任された時。
マネジメントの基本さえできていなかった私は、ほぼ全員に辞表を叩きつけられ去られてしまいました。

なんとかそれを乗り越え、1,000名のエリア担当になった時。
コストコントロールにしか目が行かなかった私は、部下のモチベーションを上げられず、組織を疲弊させ、更迭されました。

そして別のベンチャー企業へスカウトされ、新規事業を立ち上げた時。
資金は半年で底をつきそうになり、幹部で身銭を切る状況へと追い込まれました。

失敗している過程では分かりませんでしたが、
これらの膨大な失敗が、今の仕事をする上でかけがえのない財産として役に立っています。

私が学んだこと。
すべての失敗には法則がある。
そして すべての成長にも法則がある。

求めているのは、こんな成長ではありませんか?

自分に期待される結果が、世界一シンプルな方法で分かるとしたら?

信頼を勝ち取る人、信頼を失う人の違いって?

圧倒的な結果を出しつつ、ストレスも激減するコミュニケーションの方法は?

結果が出るコミュニケーションと結果が出ないコミュニケーションの違いは?

継続して次々に結果を出す組織マネジメント法は?

組織の雰囲気を自在に変える具体的な方法は?

成長を阻害している要因を特定して、取り除くには?

自分の境遇を呪うのではなく、自分の境遇を成長の機会があふれる場にするには?

部下から好かれる上司ではなく、尊敬される上司になる方法とは?

加速成長 を体感した方々の声をご紹介します。

退職勧告寸前だった役員が、 4ヵ月で期待のリーダーに。

人間関係の改善で、 前年比120%の実績を実現。

若手社員はどうやって不安を克服したのか?

ご両親とのコンサルを通して、引きこもりを克服。

コンサルによって女性としても社会人としても自信を回復。

自らのモチベーションを高めることで社業も上昇気流に。

早期に手を打つことで、リーマンショックも克服。

■著作紹介

「ストレスゼロの仕事術」ご購入は、こちらから。

ストレスゼロの仕事術